職業マップをご存知ですか

就職活動に際しては、職業マップが役に立ちます。どんな仕事が自分に向いているのかはっきりしたイメージを持っていないという方にとって、職業マップは指針になる存在です。文字通り、職業をマップに表したものなのですが、見たことがない方にはピンと来ないのではないでしょうか。世の中には、かなりの数の職業が存在しますので、一体自分にはどの職業が適しているのか分らない人も少なくないでしょう。それぞれの職業の内容を大まかにでも全て理解し、その上で職業同士の繋がりや相似性などを認識できているという人はほとんどいないはずです。知らない職業がたくさんあるということは、もっと自分に合う仕事があったのにそのことをわからないままでいたという可能性もあります。憧れていた仕事だと思っていたものの、願いが叶って勤めてみたら現実は想像と大きく異なっていたという方もいるようです。より自分に合う仕事が実際には存在していたのに、知らなかったためにそのことに気づけず、結果的に職業と希望とのミスマッチを招いてしまったということもあります。職業マップで職業の種類を全体的に俯瞰していれば、困難な就職活動をようやくくぐりぬけたのにすぐ辞めてしまったというような状況にならずに済むわけです。職業マップに載っている職業の、それぞの名前や位置、距離、関係性などを見ることで、より自分に合う仕事に当たりがつけられます。職業マップは、アメリカの職業分類で用いられてきたDPTという考え方を基準として職業を分類しています。仕事をするということは、何らかの対象に働きかけを行うことです。職業マップでは、それら働きかける対象によって大まかに職業は3つに分類されています。http://www.gaopeite.com/

職業マップで自分に適した仕事を見つける

職業マップを参考にすることで、自分に合う仕事が探しやすくなります。たくさんある職業の中から、どれを選択すればよいのか迷っている方には、ぜひとも職業マップの活用をおすすめします。職業マップで表示されている職業の区分けの仕方は、アメリカで職業を区別するために考えられたDPTに基づいています。アメリカで用いられているDPTとは具体的にどのようなものなのでしょうか。DPTとは、「情報(Data)」「人(People)」「物(Thing)」のそれぞれの単語の最初の1字です。この3つに基づいて職業マップが作られます。情報、人、物の3つの要素は、それぞれ独立しておらず関係を持って成り立っています。憧れていた仕事だと思っていたものの、願いが叶って勤めてみたら現実は想像と大きく異なっていたという方もいるようです。DとPに更に2個、Tに4個の覗き窓を設けて、職業マップではそれぞれの職業名を書き入れ、カテゴリ分けをより一層見やすくしています。個々の職業がどのカテゴリに入るか、10種類に区分けすることで職業マップは作られます。グループ同士も重なったり距離を詰めめことで互いの関係性を表しており、職業の距離感がわかりやすくなっています。1つの図に全て入れるという表現も不可能ではありませんが、図像化すると全ての情報をキャッチすることが逆に困難になるようです。職業マップの利点は、職業同士の重なりが保たれていて近い職業や遠い職業がわかりやすいことです。http://www.j-guide.biz/