税理士試験ガイド

ホーム

税理士試験ガイドへようこそ♪

税理士試験は働きながら勉強をする社会人も多く、もちろん合格を勝ち取ることも可能です! 『税理士試験ガイド』では税理士を目指す方々へのお力になれるよう、税理士試験の「勉強の方法」「税理士の仕事内容」をわかりやすく解説しています。

税理士とは税金・会計業務のスペシャリストです。独占業務の内容は、「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」などがあります。 税理士は、非常に人気の高い国家資格です。税務・節税の問題は、個人・法人に限らず必ず関わりがあるため、どの時代でも常に需要のあるのが税理士なのです。

税理士になるためには、税理士試験をパスしなければなりません。税理士試験は、全11科目の試験科目のうち5科目を合格すれば税理士試験に合格することができます。 試験科目のうち必須科目として「簿記論」「財務諸表論」があります。この2科目は必ず勉強しなければなりません。しかし、それ以外は選択科目となっているので、自分の得意なものを選択する事が可能です。そこが、税理士試験の特徴ではないでしょうか。 しかも、1科目合格すればその科目は一生有効という特権がついています。つまり、同時に5科目合格する必要はなく、毎年1科目合格していき、合計5年かけてもかまわないということになります。税理士試験のメリットは、期間は関係なく5科目合格すればよいところです。

税理士とは

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める国家資格であり、税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。

check

無地Tシャツ

スーツの通販専門

矯正歯科 横浜

介護ベッド買い取り販売

Copyright(c)2008. 税理士試験ガイド. All rights reserved.